親権の相談

親権の相談 - 離婚後の問題~【親権】子供に会えない

親権の相談

離婚の際、子供がいる場合は、どちらが引き取り育てるのか、親権はどちらが持つのかという話が出てくると思います。
親権とは、未成年の子供を育てていくためにその両親に認められたことをさしています。
婚姻を継続していて両親がいる場合は、原則として両親が共同で育児をする親権者になります。
婚姻をしていない子供の場合は、母1人が親権者となります。
この場合、婚姻していない父は子供を認知してから、子供の母親と話し合い共同の親権者となることも出来ます。

親権の内容は、子供の身体の発育の為に必要な食事や精神が発達をするための教育を行う事が1つです。
学校の教育を受けれるようにすることも義務付けられています。
他にも、住居の確保など様々な義務が親権者にはあります。
子供の財産を管理することも親権の内容に入っています。
未成年の子供の貯金などの財産の管理や、銀行や様々なことでの代理を務めたり同意することも権利になります。

離婚をする際に、夫婦の間に未成年の子供がいる場合は、両親のどちらか一方が親権者にならなければなりません。
両親のどちらかが親権者になる事は、離婚をする際に必ず決めなければいけない事の1つです。

裁判所がどちらかの両親を親権者と指定するかを決定する決め事があります。
基本的に下のような事を考えたうえで、子供が健やかに育つことを基準として決まります。
年齢や性格などの健康状況は1番に考えます。
資産や収入、職業、住居が確保されているかも入っています。
住まいがある環境や教育に関しての環境が行き届いている場所に居るかも考えます。
これまでの状況も考慮されます。
子供の状況も裁判所は考えたうえで判断します。
年齢や性別、現在の状況やある程度の年齢がいっている場合は本人の気持ちが1番になります。
すべてをふまえた上で親権者はどちらがいいかを判定します。

ただし、両親の協議のみで簡単に親権者を変更することは一切できません。
子供の事を考えて親権者の変更が必要であると認められた場合は、親権者変更を調停を行って変更します。
親権者については離婚する際に、決めることが多いです。
もし、親権が欲しい時は無料で相談できる弁護士事務所などもありますので、ぜひ相談してみて下さい。