子供の養育費

子供の養育費 - 離婚後の問題~【親権】子供に会えない

子供の養育費

離婚する夫婦に未成年の子供がいる場合、どちらかの親に親権が決まります。
離婚の際一番の問題となるのが親権問題ですが、この親権を持つことが出来た親は相手から養育費をもらって子供をしっかりと育てることが必要です。

養育費は大体どのくらいが基準でしょうか。
養育費の支払いに関しては子供が最低限の生活をすることが出来るという事ではなく、子供と養育費を支払う人は同じ程度の生活が出来る事、という事が養育費の支払いの義務となります。
また養育費を払う人の生活が苦しいといった場合、この養育費を払わなくてよいという事はありません。
余裕がある分を養育費として払うのではなく、養育費は必ず支払う義務があります。

離婚後子供に会えない理由

養育費を決める際は離婚の調停が行われた場合などは、その時に二人の話し合いで支払金額まですべて決めていきます。
離婚後子供の生活が不自由にならないようにここはしっかりと話し合いが必要です。
養育費には「養育費算定表」という資料があります。
この資料に基づき大体の金額は概算できるようになっております。

○支払う側ともらう側の基礎収入を認定していきます。
(すべての収入から所得税、住居費、医療費などを差し引いた金額)

○支払う側・もらう側・子供のそれぞれの最低生活費を認定していきます。

○支払う側の負担能力の有り無しを確認していきます。
この際支払いをする側の生活基準が子供の生活基準より下回らなければ能力ありとなります。

○子供に使う金額を認定していきます。

○親権者の親からどの程度子供に使える金額があるかを認定していきます。

このように養育費算定表と上記の条件、また話し合いをしていき、子供の養育費を決めていきます。
養育費は請求した時から子供が20歳になるまでもらえるようになります。
しかし4年制大学に通う場合は早くても卒業が22歳となります。
あらかじめ離婚調停の際に大学卒業まで養育費をもらいたいという事を伝えましょう。
ここで話し合いのうえ大学卒業までとしておくことが決まれば20歳までを大学卒業までとすることが出来るようです。